おすすめ動画配信サービスをどのように選べばよいか説明します

動画配信サービスは、課金方式などを考慮した上で、無料期間で自分でお試しして選ぶのが最良です。

自分でお試ししてみてはじめて、その動画配信サービス(ビデオオンデマンド)の細かい良いところや、隠れた名作に気づくというものです。

有名な作品が揃っていても実際に自分が見るのか?早送り巻き戻しが使いやすいか?などは実際に使ってみないと絶対にわかりません。

また、自分はパソコンで見るのか、スマホのアプリで見るのか?ゲーム機で見るのか?そこのアプリもサービスによってさまざまです。力を入れているポイントがサービスによって異なるのです。

 

動画配信サービスを無料期間で選ぶ

動画配信サービスでは、会登録時の無料期間がよく設定されています。

無料期間を利用して、さまざまな作品をみて、いろんな設定を試すことが重要です。無料期間において実施したことの結果、サービスを今後も続けていくのか、無料期間で退会するのかを決めれば良いですね。

 

動画配信サービスを課金方式で選ぶ

ビデオオンデマンド(vod)には、大きく分けて2種類の課金方法があります。ひとつは、月額等で一定の金額を払うことで、見放題となる方式。

もうひとつは、コンテンツ毎に課金し、視聴するPPV(ペイ・パー・ビュー)方式です。前者は、なんといっても料金が決まっており安心で多くの動画を見ることができます。この方式のデメリットとしては、最新のタイトルがあまりないことです。後者のPPV方式のメリットは、新作が見られることです。

ただし、当然見た分だけ料金が課金されることが、PPV方式の特徴です。最新作を視聴したいという場合は、PPV方式があっています。実際の動画配信サービスでは、定額の見放題のみのパターンか、見放題とPPVの両方というパターンがあります。

 

動画配信サービスを画質で選ぶ

動画配信サービスの各方式の良いところ、注意するところを確認しておきましょう。ビデオオンデマンド(vod)は、最近とても画質がいいです。Youtubeができた頃のイメージとは全く違います。フルHDは当然の事ながら、4Kに対応している作品も多いです。DVDの画質に感動していたのはいつのことやら。

 

まとめ:動画配信サービスはどうやって選べばよいか

色々解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

比較項目は色々とありますが、それぞれの項目で各サービスを自分で無料期間で比較することが大事です。

そのために参考となるサイトを紹介します。

動画配信サービスの選び方

カテゴリー: ビデオオンデマンド | コメントする

ウォーターサーバーの水の種類を解説

ウォーターサーバーの水には、天然水とRO水があります。

 

天然水の方は、皆さんご存知と思います。

 

RO水をはじめて聞く方は少なくないと思います。
RO水は、RO膜という非常に強力なフィルターを通した水です。RO膜によるろ過でミネラル分も失われるため、後工程でミネラルを追加するという場合もあります。

 

RO水は、水道水だけでなく、天然水から作られることもあります。水道水や浄水器、ペットボトルボトルと比較して、ウォーターサーバーはどこが良いのか考えてみます。

ウォーターサーバーは水道水よりも当然ながらおいしさの点で有利です。
利便性という点でも優位です。料金が安いのは水道水です。

水道水にはカルキが含まれるので、殺菌作用も強いです。
浄水器と比べてみると、水のおいしさと利便性において、ウォーターサーバーが勝ちます。料金と設置スペースは、浄水器に負けます。
ペットボトルと比較すると、ウォーターサーバーは自宅内では良いでしょう。

 

外出時にはペットボトルには勝てません。ウォーターサーバーのボトルには、回収式のリターナブルボトルと、使い捨てのワンウェイボトルがあります。

 

リターナブルは、ボトルを再利用するためやすいです。

配送を宅配業者が行うのではなく、自社なので、不在の際にボトルは玄関前に置かれます。

水の種類がRO水のみであり、天然水はありません。
ワンウェイボトルの場合、天然水を飲めます。
宅配業者によって配送されるため、日時の指定や不在時の再配達が使えます。空きボトルを捨てることができるので、保管して邪魔になることがありません。

 

カテゴリー: ウォーターサーバー | コメントする

ウォーターサーバー・宅配水をメリットやデメリットを比較しておすすめする

ウォーターサーバーの選び方としては、まずメリットやデメリットを比較するのが大切です。

具体的にどうやって選べば良いかこの記事で解説します。

 

ウォーターサーバーのメリットとデメリット

ウォーターサーバーには、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。まずは良い点を紹介します。

自宅ですぐにおいしく冷たい水を飲めます。温かいお湯をすぐ使えるのは想像以上にありがたいです。

災害時の備蓄水のかわりとしてもとても便利です。

悪い点は、月額で利用料が発生することです。

 

サーバーを置く場所が必要となるのもデメリットです。

ウォーターサーバーのボトルの方式を解説

ウォーターサーバーのボトルには2種類の方式があり、回収式のリターナブルか、使い捨てのワンウェイとなります。

リターナブルは、ボトルを再利用するためやすいです。配送は自社で行い、宅配業者ではないため、不在時にボトルが玄関前に置かれてしまいます。
水の種類がRO水のみであり、天然水はありません。天然水が飲みたい場合はワンウェイボトルになります。

 

配送は宅配業者のため、日時指定や再配達が利用できます。空きボトルは、保管する必要はなく、ゴミとして捨てることができます。

ウォーターサーバーの水について解説

ウォーターサーバーの水には、ミネラル水とRO水があります。天然水は、よくあるミネラルウォーターです。
RO水というのは、聞きなれない言葉かもしれません。

RO水は、RO膜という高性能なフィルターで不純物を取り除いています。RO膜が非常に強力なため、ろ過後にミネラルを添加している業者さんもいます。
水道水だけでなく、ミネラル水からもRO水が作られる場合があるのです。

ウォーターサーバーを具体的に選んでみよう

これまでに得た知識をもとにして、実際にウォーターサーバー・宅配水を選んでみましょう。
たくさんのメーカーがアリますが、1つずつ見ていっていては日が暮れてしまいます。
世の中には、たくさんのメーカーを比較して、おすすめや、ランキング形式にして紹介しているサイトがあり、とても便利です。
そのなかから、参考になるサイトを紹介します。

ウォーターサーバー・宅配水のノルマなしのおすすめ

カテゴリー: ウォーターサーバー | コメントする

レンタルよりビデオオンデマンドですね

動画配信サービスとレンタルDVD・ブルーレイを比較してみます。

レンタルのデメリットを上げてみたいとおもいます。わざわざレンタルビデオ店まで出向かないといけない。宅配レンタルだと、DVDやブルーレイを投函する必要があります。借りようとしているタイトルが貸出中で、無駄足となることが多いです。延滞料金という問題もあります。

テレビやパソコンだけでなく、スマホやタブレットからも直接見たいですよね。動画配信サービスを使えば、これらのようなことに悩まされません。動画配信サービスの会員になると、一定期間無料の期間があることが多いです。

無料期間の期間中には、多くの作品を閲覧して、いろんな設定を試すことが重要です。無料期間の間に色々な実験をして、会員を継続するのか、退会するのか決めることが重要です。動画配信サービスの最近の特徴は、画質が素晴らしいことです。Youtubeが出たてのころがなつかしいです。SD画質やHD画質のレベルではなく、4Kとかも結構普通ですね。ブルーレイの画質よりもすごいのかって。

カテゴリー: ビデオオンデマンド | コメントする

ビデオオンデマンドは昔のYoutubeとくらべても断然画質が良い

動画配信サービスの画質は、最近かなり向上しています。Youtube創世記は、だいぶしょぼかったですが。SDがどうとかHDがどうとかじゃなく、4Kなんですよね。今は。DVDが出たてでびっくりしていたのが嘘のよう。

動画配信サービスとDVDやブルーレイのレンタルはどこが違うのでしょうか。レンタルでよくある不便なシーンをあげてみます。レンタルショップまで行くのが意外と面倒です。宅配レンタルだとすると、ディスクを郵便ポストまで持っていかないとならないです。借りようとしているタイトルが貸出中で、無駄足となることが多いです。うっかり返すのを忘れていて、延滞料金がかかってしまう。

DVDやブルーレイをスマホやタブレット・ゲーム機で直接みるのは簡単ではないですよね。動画配信サービスでは、こんな面倒なことは考えなくても大丈夫です。動画配信サービスに登録すると、たいてい無料期間があります。

無料期間中にした方が良いことといえば、多くの作品を閲覧して、いろいろな操作を行うことが大事です。無料期間中にやったことの結果により、そのサービスを継続するかどうか判断するのが大事です。

カテゴリー: ビデオオンデマンド | コメントする

レンタルより動画配信サービスを活用しよう

動画配信サービスは、レンタルDVD/ブルーレイとどのように使い分ければよいのでしょうか。

レンタルを使っていて、不便に思うことを想像してみて下さい。まずは家を出て、レンタルショップまでDVDやブルーレイを借りに行かないといけません。宅配レンタルだとしても、送り返すのが面倒です。人気商品は、貸出中であることが多く、借りられない事があります。

返却期限をすぎてしまうと、追加で料金が発生します。プレイヤーが必要となるため、スマホ等で直接見ることが難しいです。レンタルだとこんなに面倒なことも、動画配信サービスでクリアできます。

動画配信サービスでは、よく2種類の方式が採用されています。ひとつは、月額等で一定の金額を払うことで、見放題となる方式。2つ目は、見放題ではなく、作品ごとにお金がかかるPPV(ペイ・パー・ビュー)という方式です。

前者の見放題のメリットは、安価でさまざまな動画が見られることです。この方式では最新の作品はあまり視聴できません。PPV方式のサービスは、最新のタイトルを視聴できることが大きな利点となります。しかし、PPV方式では、見放題ではないので、視聴したタイトルの分だけお金がかかります。

新作が観たい人は、後者のPPV方式をおすすめします。よくある動画配信サービスは、定額で見放題としているか、見放題だけではなくPPVもやっている場合もあります。動画配信サービスを選ぶ場合は、そのサービスがどんな方式か確認する必要がありますね。動画配信サービスは、最近とても画質がいいです。Youtubeが出たてのころがなつかしいです。

フルHDは当然の事ながら、4Kに対応している作品も多いです。DVDの画質に感動していたのはいつのことやら。

カテゴリー: ビデオオンデマンド | コメントする

動画配信サービスの画質とか無料期間とか

動画配信サービスの画質は、最近かなり向上しています。Youtubeが出たてのころがなつかしいです。

もちろんフルHDに対応していたり、4Kなんてのも楽しめることも。ブルーレイの画質よりもすごいのかって。

動画配信サービスとレンタルDVD・ブルーレイを比較してみます。レンタルを使っていて、不便に思うことを想像してみて下さい。

わざわざレンタルビデオ店まで出向かないといけない。宅配レンタルの場合は、郵送しないといけません。借りようとしているタイトルが貸出中で、無駄足となることが多いです。返却期限をすぎてしまうと、追加で料金が発生します。

スマホやタブレット、ゲーム機などで直接見ることができません。以上に上げたレンタルのデメリットがないだけでもビデオオンデマンド(vod)はとても優れています。ビデオオンデマンド(vod)の登録には無料期間がよくあります。

無料期間の期間中には、多くの作品を閲覧して、いろいろな操作を行うことが大事です。無料期間中にやったことの結果により、会員を続けるかどうか決めれば良いと思います。

カテゴリー: ビデオオンデマンド | コメントする

動画配信サービスはDVD・ブルーレイと比べて良いのか

動画配信サービスとレンタルDVD・ブルーレイを比較してみます。レンタルでは、次のようなことを不満に思ったことはないでしょうか。ネットでダウンロードするのではなく、レンタルショップに行かなければならないです。宅配レンタルだとすると、ディスクを郵便ポストまで持っていかないとならないです。借りようとしているタイトルが貸出中で、無駄足となることが多いです。延滞料金という問題もあります。

DVDやブルーレイをスマホやタブレット・ゲーム機で直接みるのは簡単ではないですよね。以上に上げたレンタルのデメリットがないだけでも動画配信サービスはとても優れています。動画配信サービスでは、よく2種類の方式が採用されています。一つ目は、定額制で全部の動画が見放題となる課金方式です。もうひとつは、コンテンツ毎に課金し、視聴するPPV(ペイ・パー・ビュー)方式です。

前者は、なんといっても料金が決まっており安心で多くの動画を見ることができます。最新の動画をあまりみることができないことがデメリットです。他方、最新の動画を見ることができるのがPPV方式の大きな特徴です。当然ですが、PPV方式では、視聴する作品数に応じてお金がかかります。

PPV方式は最新のタイトルを視聴する場合におすすめですね。最近のビデオオンデマンド(vod)は、前者の見放題のみか、見放題だけではなくPPVもやっている場合もあります。動画配信サービスを選ぶ時には、課金方式が重要ということが良くわかりますね。

動画配信サービスの画質は、最近かなり向上しています。Youtube創世記は、だいぶしょぼかったですが。SDがどうとかHDがどうとかじゃなく、4Kなんですよね。今は。DVDの画質に感動していたのはいつのことやら。

カテゴリー: ビデオオンデマンド | コメントする