レンタルより動画配信サービスを活用しよう

動画配信サービスは、レンタルDVD/ブルーレイとどのように使い分ければよいのでしょうか。

レンタルを使っていて、不便に思うことを想像してみて下さい。まずは家を出て、レンタルショップまでDVDやブルーレイを借りに行かないといけません。宅配レンタルだとしても、送り返すのが面倒です。人気商品は、貸出中であることが多く、借りられない事があります。

返却期限をすぎてしまうと、追加で料金が発生します。プレイヤーが必要となるため、スマホ等で直接見ることが難しいです。レンタルだとこんなに面倒なことも、動画配信サービスでクリアできます。

動画配信サービスでは、よく2種類の方式が採用されています。ひとつは、月額等で一定の金額を払うことで、見放題となる方式。2つ目は、見放題ではなく、作品ごとにお金がかかるPPV(ペイ・パー・ビュー)という方式です。

前者の見放題のメリットは、安価でさまざまな動画が見られることです。この方式では最新の作品はあまり視聴できません。PPV方式のサービスは、最新のタイトルを視聴できることが大きな利点となります。しかし、PPV方式では、見放題ではないので、視聴したタイトルの分だけお金がかかります。

新作が観たい人は、後者のPPV方式をおすすめします。よくある動画配信サービスは、定額で見放題としているか、見放題だけではなくPPVもやっている場合もあります。動画配信サービスを選ぶ場合は、そのサービスがどんな方式か確認する必要がありますね。動画配信サービスは、最近とても画質がいいです。Youtubeが出たてのころがなつかしいです。

フルHDは当然の事ながら、4Kに対応している作品も多いです。DVDの画質に感動していたのはいつのことやら。

カテゴリー: ビデオオンデマンド パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です