ウォーターサーバーの水の種類を解説

ウォーターサーバーの水には、天然水とRO水があります。

 

天然水の方は、皆さんご存知と思います。

 

RO水をはじめて聞く方は少なくないと思います。
RO水は、RO膜という非常に強力なフィルターを通した水です。RO膜によるろ過でミネラル分も失われるため、後工程でミネラルを追加するという場合もあります。

 

RO水は、水道水だけでなく、天然水から作られることもあります。水道水や浄水器、ペットボトルボトルと比較して、ウォーターサーバーはどこが良いのか考えてみます。

ウォーターサーバーは水道水よりも当然ながらおいしさの点で有利です。
利便性という点でも優位です。料金が安いのは水道水です。

水道水にはカルキが含まれるので、殺菌作用も強いです。
浄水器と比べてみると、水のおいしさと利便性において、ウォーターサーバーが勝ちます。料金と設置スペースは、浄水器に負けます。
ペットボトルと比較すると、ウォーターサーバーは自宅内では良いでしょう。

 

外出時にはペットボトルには勝てません。ウォーターサーバーのボトルには、回収式のリターナブルボトルと、使い捨てのワンウェイボトルがあります。

 

リターナブルは、ボトルを再利用するためやすいです。

配送を宅配業者が行うのではなく、自社なので、不在の際にボトルは玄関前に置かれます。

水の種類がRO水のみであり、天然水はありません。
ワンウェイボトルの場合、天然水を飲めます。
宅配業者によって配送されるため、日時の指定や不在時の再配達が使えます。空きボトルを捨てることができるので、保管して邪魔になることがありません。

 

カテゴリー: ウォーターサーバー パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です