動画配信サービスをどのように選べばよいか説明します

動画配信サービスは、課金方式などを考慮した上で、無料期間で自分でお試しして選ぶのが最良です。

自分でお試ししてみてはじめて、その動画配信サービス(ビデオオンデマンド)の細かい良いところや、隠れた名作に気づくというものです。

有名な作品が揃っていても実際に自分が見るのか?早送り巻き戻しが使いやすいか?などは実際に使ってみないと絶対にわかりません。

また、自分はパソコンで見るのか、スマホのアプリで見るのか?ゲーム機で見るのか?そこのアプリもサービスによってさまざまです。力を入れているポイントがサービスによって異なるのです。

 

動画配信サービスを無料期間で選ぶ

動画配信サービスでは、会登録時の無料期間がよく設定されています。

無料期間を利用して、さまざまな作品をみて、いろんな設定を試すことが重要です。無料期間において実施したことの結果、サービスを今後も続けていくのか、無料期間で退会するのかを決めれば良いですね。

 

動画配信サービスを課金方式で選ぶ

ビデオオンデマンド(vod)には、大きく分けて2種類の課金方法があります。ひとつは、月額等で一定の金額を払うことで、見放題となる方式。

もうひとつは、コンテンツ毎に課金し、視聴するPPV(ペイ・パー・ビュー)方式です。前者は、なんといっても料金が決まっており安心で多くの動画を見ることができます。この方式のデメリットとしては、最新のタイトルがあまりないことです。後者のPPV方式のメリットは、新作が見られることです。

ただし、当然見た分だけ料金が課金されることが、PPV方式の特徴です。最新作を視聴したいという場合は、PPV方式があっています。実際の動画配信サービスでは、定額の見放題のみのパターンか、見放題とPPVの両方というパターンがあります。

 

動画配信サービスを画質で選ぶ

動画配信サービスの各方式の良いところ、注意するところを確認しておきましょう。ビデオオンデマンド(vod)は、最近とても画質がいいです。Youtubeができた頃のイメージとは全く違います。フルHDは当然の事ながら、4Kに対応している作品も多いです。DVDの画質に感動していたのはいつのことやら。

 

まとめ:動画配信サービスはどうやって選べばよいか

色々解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

比較項目は色々とありますが、それぞれの項目で各サービスを自分で無料期間で比較することが大事です。

そのために参考となるサイトを紹介します。

ビデオオンデマンドのおすすめ・ランキング

カテゴリー: ビデオオンデマンド パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です