動画配信サービスはDVD・ブルーレイと比べて良いのか

動画配信サービスとレンタルDVD・ブルーレイを比較してみます。レンタルでは、次のようなことを不満に思ったことはないでしょうか。ネットでダウンロードするのではなく、レンタルショップに行かなければならないです。宅配レンタルだとすると、ディスクを郵便ポストまで持っていかないとならないです。借りようとしているタイトルが貸出中で、無駄足となることが多いです。延滞料金という問題もあります。

DVDやブルーレイをスマホやタブレット・ゲーム機で直接みるのは簡単ではないですよね。以上に上げたレンタルのデメリットがないだけでも動画配信サービスはとても優れています。動画配信サービスでは、よく2種類の方式が採用されています。一つ目は、定額制で全部の動画が見放題となる課金方式です。もうひとつは、コンテンツ毎に課金し、視聴するPPV(ペイ・パー・ビュー)方式です。

前者は、なんといっても料金が決まっており安心で多くの動画を見ることができます。最新の動画をあまりみることができないことがデメリットです。他方、最新の動画を見ることができるのがPPV方式の大きな特徴です。当然ですが、PPV方式では、視聴する作品数に応じてお金がかかります。

PPV方式は最新のタイトルを視聴する場合におすすめですね。最近のビデオオンデマンド(vod)は、前者の見放題のみか、見放題だけではなくPPVもやっている場合もあります。動画配信サービスを選ぶ時には、課金方式が重要ということが良くわかりますね。

動画配信サービスの画質は、最近かなり向上しています。Youtube創世記は、だいぶしょぼかったですが。SDがどうとかHDがどうとかじゃなく、4Kなんですよね。今は。DVDの画質に感動していたのはいつのことやら。

カテゴリー: ビデオオンデマンド パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です